簿記はまず何級を受けるべきか

どの級か迷ったら?

簿記には1級、2級、3級の3つのレベルがあります。簿記を受けるのは全く初めてという場合、どの級から受けようか迷うものです。私も迷いました。ここでは私の体験談を交えてお話させていただきます。

そうだ、独学で簿記を取ろう! と思い立った2年前、私が申し込んだのは簿記2級でした。そして書店で簿記2級の参考書を買い、勉強して、玉砕しました。テキストを読んで、問題集を解いて答え合わせなどしていると、なんとなくわかった気になって受かると思い、試験に臨んだのですが、当日の試験では歯が立たなかったです。簿記2級の試験、めちゃめちゃ難しかったです。

初受験に失敗してから、簿記に合格した人に話を聞いてみると、3級から受けたという人がほとんどでした。えーそれじゃあ時間がかかる、なんでそんな面倒なことを、と思いましたが、成功者にあやかろうと考え直し、ひとまず3級からを受けることにしました。

簿記3級はとっても簡単です。市販の参考書で勉強したら受かりました。それから2級を受けたら驚き。あれほど難しかった問題を、すいすい解けるようになったのです! そして既に述べましたが、2級にめでたく合格。私の簿記受験ストーリーは、2級→2級→合格ではなく、2級→3級→2級→合格、なんですね。

基礎をしっかりと

一見遠回りに思えるかもしれませんがこの方法、最短で簿記2級に受かる方法だと思います。もしもいったん、3級に戻ることをしないでずっと2級を受け続けていたら、きっと今でも合格しなかったのではないかと思います。その根拠となるのが簿記の出題範囲です。

簿記というのは覚える範囲が限定されています。同等の難易度とされるFP2級と比べても、出題範囲は約半分しかありません。しかし、ここでバンザイするのは早計。範囲が狭いということは、それだけ深い知識が求められます。

「浅く広く」ではなく深く狭く」の知識が問われるのです。だから、テキストと問題集を一通りやって、なんとなくわかった程度では受かりません。私もいきなり2級の参考書を買ってきて勉強して、なんとなく分かった気で試験を受けましたが、太刀打ちできませんでした。

簿記2級に受かるためには、基礎的な知識をしっかり身に付けるべきです。簿記2級で出題されるのは応用の問題ですが、基礎ができていなければ解けません。その、基礎が身に付いているかを計るためのバロメーターになるのが「3級合格」なのです。基礎が分かれば応用もできるようになります。まず基礎です。

どうしても2級から受けたい人はそれでもかまいませんが、基礎をみっちりやることを忘れずに。慣れてくるとつい難しい問題を解きたくなりますがぐっとガマンして基礎の勉強に時間をとるようにしましょう。