簿記の知識は今も昔も変わらず必要なんですよ

会計ソフトが出現した今、簿記のメリットはある?

簿記って昔からある資格ですよね。会社の経理は複式簿記で帳簿をつけていきますが、昔、普通の人は複式簿記なんてまずつけられませんでした。だから、経理職の求人では、簿記2級を持っている人は非常に重宝されたのです。

しかし今はパソコンが普及した時代で、「会計ソフト」を使えば、簿記の知識がなくてもカンタンに帳簿はつけられてしまいます。決算書も貸借対照表も損益計算書も、確定申告用の資料は全部自動で作成してくれます。

だから「昔みたいに、簿記を持ってるくらいじゃ就職に有利にならないよ・・・」と思っている人も多いでしょう。しかし簿記は、現代だからこそ、さらに求められるスキルです。今でも簿記の知識があることはメリット、大ありです。

会計ソフトは数字を処理することしかできない

よく考えてみてください。会計ソフトがあれば、カンタンに複式簿記がつけられて書類もそろいますが、それを見て、なにかに利用できますか?

確定申告に必要な書類はつくれます。でも、意味も分からずとりあえず必要な書類を作り、税務署に提出して終わり、とりあえず税務署には文句言われないので良かったな、というだけでは、せっかくの複式簿記を経理や経営に生かすことはできません。これはもったいないです。

コンピュータにできることは、数字の処理をするだけです。処理データをもとに、経営的な判断をするのは、人間にしかできないのです。そこで簿記が生きてきます。

損益計算書を見て、自分の会社の財務状況が分かる、経営者に聞かれたらちゃんと有益な情報を提供できる、これがとても重要です。生き残りの戦いが激しい現代の企業社会だからこそ、数字を活かして最適な経営判断ができるスキルが求められるのです。

現代だからこそ簿記2級資格取得者は優遇される

簿記って古い資格なイメージがありますが、こういう意味で、今だからこそ重要性が増している時代だと思います。

それがいまだに求人票に「簿記2級資格取得者優遇」の文字が記載されている理由だと思います。だってその会社だってパソコンはあるはず、会計ソフトを買うお金もあるはず。

でもそれだけじゃ経営上心配だから、簿記の資格を持っている人材を探しているのですから。