複数ある検定から、自分に有効なものを選ぼう

簿記検定と言っても、実施団体も試験の内容も違う複数の検定が存在しています。どの検定を受検し資格を取得すれば、自分にとって有利になるのかを良く考えて検定を選びましょう。

このページでは、主な3つの検定についてご紹介します。

日商簿記検定

日本商工会議所が実施している検定試験で、文部科学省の認定を受けています。1級から4級まであり、すべて筆記試験のみで合否が決まります。1級に合格すると税理士試験の受験資格を得ることができます。

いくつかある簿記検定の中で一番歴史があり、社会的評価が高いのが特徴です。

全経簿記検定

(社)全国経理教育協会が実施している検定試験で、こちらも文部科学省の認定を受けています。1級から4級まであり、すべて筆記試験のみで検定が行われます。1級に合格すると税理士試験の受験資格を得ることができます。

全経簿記の記事はこちら

全商簿記検定

財団法人全国商業高等学校協会が実施する試験で、帳簿を作成する手順や財務諸表の作成、それらの数字を読み取る能力を試す試験となっています。1級から3級まで行われています。

全商簿記の記事はこちら

主なものは上記の3種類なのですが、特に評価が高いのは日商簿記だとされているようです。受検者も多く、社会的に簿記の資格として広く認知されているのが日商簿記の資格です。