簿記2級はテキストや参考書だけじゃ理解できません!

講義DVDは通学の講義と同じ

通信教育に付いている簿記は、通学コースでいう、「講義」です。通学で勉強したことはありませんが、通信教育でも講義は通学に劣らないと思います。

通学では、コースを開始したらテキストと筆記用具を持ってスクールに出かけますが、これと同じ使い方をします。

通信講座のDVDを再生しつつ、テキストを開いて勉強をします。通学でのリアルタイムな講義よりも、DVDのほうが、分からないところを巻き戻してもう一度見たり、ストップしたりできるので分があります。

通信講座の講義DVDは、全体の概要をつかむのに役立ちます。独学だとテキストと問題集を買ってきて、まずテキストを読み、それから問題集を解きます。しかしテキストを読んだだけでは、よく意味が分からなかったりします。

特に簿記は専門的な内容なので、テキストを読んでも内容を把握しにくいです。しかし、DVDではテキストに沿って進められ、内容を把握しにくい部分は、講師が分かりやすく解説してくれます。

講義DVDは具体例を示しながら解説するので理解しやすい

私の主観にはなりますが、使っていたフォーサイトの講義DVDでは、簿記の難しい考え方を具体的にどんな場面が想定されるのか、例を示しながら解説してくれるので理解しやすかったです。
試験対策用にしっかりと組まれているのでテキストだけ読んでいても十分かなと思うこともありました。ですが、DVDの解説を聞きながら見ていったところ、テキストでどれだけ考えても理解できなかったところが、すぐに理解できたのです。

簿記2級は専門性が高く、テキストで全体の内容を把握するという最初のところでつまずいてしまいがちです。テキストを読んでも意味が分からないので、「私にはムリだ」と挫折しまうのです。

しかしDVDがあれば、その難関は容易にクリアできます。