簿記2級はどのように勉強すれば良い?

簿記2級の勉強時間

簿記2級合格のための学習計画

一般的には、簿記2級に合格するために必要な学習時間は約200時間と言われています。仮に1日平均2~3時間ずつ勉強していけば、約3ヶ月ですべての範囲を終えられる計算になります。
資格試験のなかには受験勉強期間が1年にもおよぶものがあることを考えれば、これから皆さんが挑戦する簿記2級の受験勉強はまさに短期決戦だと言えます。

簿記2級の勉強時間
さて会社勤めをしている人の場合、忙しい平日は休んで、そのぶん時間の取れる休日にまとめて勉強するという学習計画を立ててしまいがちなのですが、殊に簿記検定においては、この方法はあまりおすすめできません。

というのも簿記の勉強は、どちらかと言えば頭よりも体で覚えるタイプの勉強です。その際、数日でもブランクが空いてしまうと、一度覚えたことがすべてリセットされてしまう恐れがあるからです。

簿記2級の学習計画を立てる際には、全体で200時間の学習時間を消化することももちろん大事なのですが、それ以上に、毎日短くても、確実に学習時間を確保することの方がよほど大事になってきます。

簿記2級合格のための教材

資格試験の教材の定番と言えば「テキスト」と「過去問」ですが、簿記検定に関して言えば、「過去問」にはそれほどこだわる必要はありません。それよりもむしろ、テキストと連動した問題集を選ぶようにしましょう。

先ほども述べたとおり、簿記の勉強は体で覚えるタイプの勉強です。そのためには、手を動かすことが何よりも肝心です。
テキストを読んでおおよそのところを理解したのなら、すぐにその単元の問題演習に取りかかる。そのためにも、テキストと問題集とが連動していた方がインプット学習とアウトプット学習の間をスムーズに行き来することができて便利です。

なお、簿記2級の勉強においては問題演習の量を多くこなすことも大事になってきますが、だからと言って、数多くの問題集を用意する必要はありません。テキストと連動した問題集1冊を何度も繰り返し解くようにしましょう。

コメントは受け付けていません。