簿記の合格後に取得したい資格とは?

簿記の活かし方

簿記の知識が、他の資格試験に役立つ理由

ここからは「簿記資格の活かし方」のカテゴリーということで、簿記検定合格後にその資格をどう活かしていくのかについて、特にダブルライセンスの観点から述べていきたいと思います。

簿記の活かし方
「簿記資格を取得することで他の上級資格へのステップアップが狙える」と、このサイトのなかでも紹介してきましたし、また、資格の学校のホームページや受験関連本などを見ても、そのように書かれています。

とは言っても、簿記資格を持っていることで、他の資格までもが無試験で与えられたり、あるいは試験の一部科目が免除されるといった優遇措置が得られるわけでは決してありません。具体的なメリットとして唯一あるとすれば、簿記1級資格を持つことで、税理士試験の受験資格が得られることくらいでしょう。

それではなぜ、簿記資格が他の上級資格の取得につながるようなことがよく言われているのでしょうか?それは、簿記で学んだ知識やスキルが、他の上級資格に挑戦する際に大いに役立つからに他なりません。

簿記というのは、狭い意味では帳簿に記録するためのルールのことですが、受験勉強を通じて学習するのはそれだけではなく、財務諸表、原価計算、経済学、経営学、経営分析と、会計に関するさまざまな事柄について学びます。そしてそれらの事柄は、簿記以外のビジネス系資格で学習する内容とも広く重複しているのです。

たとえば、簿記検定と税理士試験は「簿記」と「財務諸表」の部分が重なっていますし、簿記検定と中小企業診断士試験は「財務諸表」「経済学」「経営学」「経営分析」の部分が重なっています。公認会計士試験にあっては「簿記」「財務諸表」「原価計算」「経済学」「経営学」「経営分析」と、すべての部分が重なっているわけですから、簿記を学ぶことの重要性は言うまでもないでしょう。

このサイトをご覧いただいている皆さんにも、簿記2級を取得しておしまいではなく、そこからさらに上を目指して、税理士、公認会計士、中小企業診断士などの各試験に挑戦してもらいたいと思っています。次のページからは、それぞれの試験の概要を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメントは受け付けていません。