簿記2級の通信教育なら試験科目の改定でも大丈夫

改定が多いなら、落ち着くまで簿記2級の受験をやめておこうと考える人は少なくありません。

独学で受験しても情報不足で失敗する人が多いのも改定があるときの特徴です。通信教育なら独学のマイナスを逆手にとって合格することが可能です。


常に最新の情報が手に入る

簿記2級は150時間独学すれば合格できそうとは言っても、試験日までに150時間確実に確保できる人は多くないはずです。

その次の試験を考えるなら、また改定の情報収集からになってしまいます。

次の簿記2級試験のテキストが発売されてから買えば良いと考えてしまいがちですが、なかなか買いに行く時間が取れず、再び試験を見送りという結果にもなってしまいます。

通信教育ならいつ始めても最新の情報が手に入ります。

試験を受けようと思った時が一番モチベーションの高い時なので、その時期を情報収集にあてずに勉強にあてれる通信教育は効率面で一歩リードする勉強方法になります。



新しい試験科目の解き方もマスターできる

改定があったところは、出題される頻度が高くなって難易度が下がることが普通です。

しかし、独学ではどのように出題されて、どうすれば得点に結びつくかというところまではなかなかわかりません。

必死で勉強して、以前の出題範囲の項目は完ぺきなのに新しい試験科目の問題でつまづいて不合格になり、短時間で新しい試験科目の問題を攻略した人が合格していくというのも改定時のありがちなエピソードです。

通信教育なら新しい試験科目の問題の解き方もマスターできるので、独学より短時間で合格できるのです。

確かに、改定がない時期なら、独学という勉強方法を選択して十分時間をかけるのも良いでしょう。しかし、大きな改定がある現在は、通信教育が中心的な勉強方法としてふさわしいということになるのです。

コメントは受け付けていません。