簿記検定の試験日は?

簿記の活かし方

6月、11月、2月の年3回、チャンスがある!


皆さんの中には、「簿記試験に向けて勉強しよう、してみたい、という思いだけは長年持っている」「でも実際には行動に移せずにいる」なんて方も多いのではないでしょうか。ただ漠然と「簿記試験、受けようかな」と考えているだけでは、それはいつになっても現実のものにはならないと思います。具体的に「この日に受験するんだ」という意識を持つことが大切なのではないでしょうか。

簿記の活かし方
 下記に、2015年度の簿記検定の試験日をご紹介しておきます。日程については例年同じ時期に、年に3回ほど設定がありますので、今から目指すならばいつが相応しいのかを検討されてみてください。

【簿記検定試験日(2019年度)】

6月9日(日) 第152回1~3級
11月17日(日) 第153回1~3級
2020年2月23日(日) 第154回2~3級

1級は6月と11月、それ以外は6月と11月に加えて2月にも受験のチャンスがあります。
簿記を初めて学ぶ方であれば、まずは今から半年後を目安に3級受験からスタートされてみてはいかがでしょうか? 年に複数回実施されるので、合格後にも知識を保持したまま次の級に挑戦できるのが、簿記検定の魅力だと思います。

簿記受験に向け、ひとつ注意したいのが「受験申込の時期」についてです。
簿記の場合、試験日は全国統一なのですが、受験申込日時や受験申込場所が各地の商工会議所、試験施行機関によって異なります。だいたい試験3ヵ月前には受験希望地の商工会議所から公表されるようですので、必ず確認するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。