簿記2の通信教育なら試験科目の改定でも大丈夫

*

簿記2の通信教育なら試験科目の改定でも大丈夫

改定が多いなら、落ち着くまで簿記2級の受験をやめておこうと考える人は少なくありません。

独学で受験しても情報不足で失敗する人が多いのも改定があるときの特徴です。通信教育なら独学のマイナスを逆手にとって合格することが可能です。


常に最新の情報が手に入る

簿記2級は150時間独学すれば合格できそうとは言っても、試験日までに150時間確実に確保できる人は多くないはずです。

その次の試験を考えるなら、また改定の情報収集からになってしまいます。

次の簿記2級試験のテキストが発売されてから買えば良いと考えてしまいがちですが、なかなか買いに行く時間が取れず、再び試験を見送りという結果にもなってしまいます。

通信教育ならいつ始めても最新の情報が手に入ります。

試験を受けようと思った時が一番モチベーションの高い時なので、その時期を情報収集にあてずに勉強にあてれる通信教育は効率面で一歩リードする勉強方法になります。


新しい試験科目の解き方もマスターできる

改定があったところは、出題される頻度が高くなって難易度が下がることが普通です。

しかし、独学ではどのように出題されて、どうすれば得点に結びつくかというところまではなかなかわかりません。

必死で勉強して、以前の出題範囲の項目は完ぺきなのに新しい試験科目の問題でつまづいて不合格になり、短時間で新しい試験科目の問題を攻略した人が合格していくというのも改定時のありがちなエピソードです。

通信教育なら新しい試験科目の問題の解き方もマスターできるので、独学より短時間で合格できるのです。

確かに、改定がない時期なら、独学という勉強方法を選択して十分時間をかけるのも良いでしょう。しかし、大きな改定がある現在は、通信教育が中心的な勉強方法としてふさわしいということになるのです。


>初心者でも受かる簿記勉強法!


簿記2の通信教育なら試験科目の改定でも大丈夫関連ページ

簿記2級の試験科目が変わります。
日商簿記2級は、平成28年6月~平成30年6月にかけて、試験科目が大きく変わります。試験科目が変われば、勉強時 […]
基礎重視の「全商簿記実務検定」
商業高校向け。商業簿記の基礎確認に最適 「全商簿記実務検定」は、主催団体が公益財団法人全国商業高等学校協会とい […]
専門学校生向け「全経簿記能力検定」
「上級=簿記1級相当」で税理士試験の受験資格に該当 さて、簿記試験にはいくつか種類があって、最も主流なのが「日 […]
簿記検定の試験日は?
6月、11月、2月の年3回、チャンスがある! 皆さんの中には、「簿記試験に向けて勉強しよう、してみたい、という […]
簿記試験の今後について
簿記検定の未来予測 「簿記検定の概要」のカテゴリーの最後ということで、このページでは、簿記検定が今後どうなって […]
簿記の資格を取得することのメリットは?
簿記資格を取得することによるメリットの数々 試験の合格率に関するページでも確認したとおり、簿記2級以上になると […]
簿記の試験はどんな人たちが受験しているのか?
簿記検定の受験生のプロフィール ここまで、簿記検定そのものに焦点を当ててきましたが、このページでは少し目線を変 […]
簿記2級の難易度、試験はどのくらい難しいのか?
簿記2級の難易度 前のページでは、日商簿記検定の階級別の特徴を、試験科目の違いも交えながら簡単にご紹介しました […]
「日商簿記検定」って、どんな試験?
日商簿記検定にはどんな階級があるの? 簿記検定には、ビッグ3と呼ばれる「全経簿記能力検定」「全商簿記実務検定」 […]
簿記の試験の種類について
どの簿記検定を受験すべきか? 前のページでは、資格には「国家資格」「民間資格」「公的資格」の3種類があること、 […]