簿記検定の試験日は?

*

簿記検定の試験日は?

6月、11月、2月の年3回、チャンスがある!


皆さんの中には、「簿記試験に向けて勉強しよう、してみたい、という思いだけは長年持っている」「でも実際には行動に移せずにいる」なんて方も多いのではないでしょうか。ただ漠然と「簿記試験、受けようかな」と考えているだけでは、それはいつになっても現実のものにはならないと思います。具体的に「この日に受験するんだ」という意識を持つことが大切なのではないでしょうか。

簿記の活かし方
 下記に、2015年度の簿記検定の試験日をご紹介しておきます。日程については例年同じ時期に、年に3回ほど設定がありますので、今から目指すならばいつが相応しいのかを検討されてみてください。

【簿記検定試験日(2019年度)】

6月9日(日) 第152回1~3級
11月17日(日) 第153回1~3級
2020年2月23日(日) 第154回2~3級

1級は6月と11月、それ以外は6月と11月に加えて2月にも受験のチャンスがあります。
簿記を初めて学ぶ方であれば、まずは今から半年後を目安に3級受験からスタートされてみてはいかがでしょうか? 年に複数回実施されるので、合格後にも知識を保持したまま次の級に挑戦できるのが、簿記検定の魅力だと思います。

簿記受験に向け、ひとつ注意したいのが「受験申込の時期」についてです。
簿記の場合、試験日は全国統一なのですが、受験申込日時や受験申込場所が各地の商工会議所、試験施行機関によって異なります。だいたい試験3ヵ月前には受験希望地の商工会議所から公表されるようですので、必ず確認するようにしましょう。


初心者でも受かるフォーサイトの簿記講座 初心者でも受かるフォーサイトの簿記講座


簿記検定の試験日は?関連ページ

簿記2級の通信教育なら試験科目の改定でも大丈夫
改定が多いなら、落ち着くまで簿記2級の受験をやめておこうと考える人は少なくありません。 独学で受験しても情報不足で失敗する人が多いのも改定があるときの特徴です。通信教育なら独学のマイナスを逆手にとって合格することが可能で […]
簿記2級の試験科目が変わりました。
日商簿記2級は、平成28年6月~平成30年6月にかけて、試験科目が大きく変わりました。試験科目が変われば、勉強時間や勉強方法も変わっていきます。どのように変わったのでしょうか? 試験科目がどう変わったの? 受験生にとって […]
基礎重視の「全商簿記実務検定」
商業高校向け。商業簿記の基礎確認に最適 「全商簿記実務検定」は、主催団体が公益財団法人全国商業高等学校協会という通り、受験者の大半が商業高校の学生です。 「全商簿記の1級取得を推薦入試の推薦基準としている大学・短大がある […]
専門学校生向け「全経簿記能力検定」
「上級=簿記1級相当」で税理士試験の受験資格に該当 さて、簿記試験にはいくつか種類があって、最も主流なのが「日商簿記検定(一般的に簿記試験といえば、この試験のことを指します)」、その他にも「全経簿記能力検定」と「全商簿記 […]
簿記試験の今後について
簿記検定の未来予測 「簿記検定の概要」のカテゴリーの最後ということで、このページでは、簿記検定が今後どうなっていくのか、すなわち簿記検定の未来予測をしてみたいと思います。 ただ「未来予測」とは言っても、私が勝手に予想した […]
簿記の資格を取得することのメリットは?
簿記資格を取得することによるメリットの数々 試験の合格率に関するページでも確認したとおり、簿記2級以上になると、試験の難易度は急激に高まります。しかし受験勉強に苦労するぶん、合格後に得られるメリットも当然大きくなります。 […]
簿記の試験はどんな人たちが受験しているのか?
簿記検定の受験生のプロフィール ここまで、簿記検定そのものに焦点を当ててきましたが、このページでは少し目線を変えて、簿記検定を受験する人たち、すなわち受験生たちのプロフィールに迫っていきたいと思います。簿記検定は、実際に […]
簿記2級の難易度、試験はどのくらい難しいのか?
簿記2級の難易度 前のページでは、日商簿記検定の階級別の特徴を、試験科目の違いも交えながら簡単にご紹介しましたが、それだけではイメージ、特に難易度の実感が湧きにくいかと思います。そこでこのページでは、難易度という観点から […]
「日商簿記検定」って、どんな試験?
日商簿記検定にはどんな階級があるの? 簿記検定には、ビッグ3と呼ばれる「全経簿記能力検定」「全商簿記実務検定」「日商簿記検定」の各検定があり、このなかでもっとも人気が高いのは、商工会議所が主催する「日商簿記検定」です。 […]
簿記の試験の種類について
どの簿記検定を受験すべきか? 前のページでは、資格には「国家資格」「民間資格」「公的資格」の3種類があること、そして簿記検定は文字どおり公的な性格を持った「公的資格」のカテゴリーに含まれることを確認しました。 資格の性質 […]