専門学校生向け「全経簿記能力検定」

*

専門学校生向け「全経簿記能力検定」

「上級=簿記1級相当」で税理士試験の受験資格に該当


さて、簿記試験にはいくつか種類があって、最も主流なのが「日商簿記検定(一般的に簿記試験といえば、この試験のことを指します)」、その他にも「全経簿記能力検定」と「全商簿記実務検定」の2種があることはすでに他ページでご紹介した通りです。
これから簿記試験に挑戦されるのであれば、知名度の高い「日商簿記検定」を受験されておけば間違いありませんが、業界に入るにあたってはその他の簿記資格のことも理解しておく必要があるでしょう。本ページでは、まず「全経簿記能力検定」についてご紹介することにいたしましょう。

電卓の選び方
 「全経簿記能力検定」は、全国経理教育協会主催の検定試験のひとつで、受験資格としては何ら設けられていないものの、主に専門学校で簿記を学んだ学生が受験する試験として位置づけられています。公式ホームページには「将来、企業で経理事務を担当しようとしている人には必須」と紹介されており、実務に即した簿記の知識レベルが試される試験であると言えるでしょう。第1回試験は昭和31年10月14日とその歴史は古く、以降、平成25年度までは年3回、平成26年度からは年4回(上級のみ年2回)、試験が実施されています。具体的な試験日程としては5月、7月、11月、2月となっており、比較的短期に段階的なステップアップが望める資格としても知られています。

 「全経簿記能力検定」の級設定は、4級~1級、そして上級となっており、1級は選択に応じて「会計」と「工業簿記」に分かれます。それぞれの合格率については概ね4級で75%、3級で60~70%、2級で40~55%、1級(会計)35%、(工業簿記)55%程度となっており、比較的気軽にチャレンジしやすい資格であると言えるでしょう。ただし、簿記1級相当といわれ、合格すれば税理士の受験資格にも該当する全経上級については15%前後の低い合格ラインで推移しています。

≪参考≫全国経理教育協会ホームページ(http://www.zenkei.or.jp/license/bookkeeping.php


>初心者でも受かる簿記勉強法!


専門学校生向け「全経簿記能力検定」関連ページ

簿記2の通信教育なら試験科目の改定でも大丈夫
改定が多いなら、落ち着くまで簿記2級の受験をやめておこうと考える人は少なくありません。 独学で受験しても情報不 […]
簿記2級の試験科目が変わります。
日商簿記2級は、平成28年6月~平成30年6月にかけて、試験科目が大きく変わります。試験科目が変われば、勉強時 […]
基礎重視の「全商簿記実務検定」
商業高校向け。商業簿記の基礎確認に最適 「全商簿記実務検定」は、主催団体が公益財団法人全国商業高等学校協会とい […]
簿記検定の試験日は?
6月、11月、2月の年3回、チャンスがある! 皆さんの中には、「簿記試験に向けて勉強しよう、してみたい、という […]
簿記試験の今後について
簿記検定の未来予測 「簿記検定の概要」のカテゴリーの最後ということで、このページでは、簿記検定が今後どうなって […]
簿記の資格を取得することのメリットは?
簿記資格を取得することによるメリットの数々 試験の合格率に関するページでも確認したとおり、簿記2級以上になると […]
簿記の試験はどんな人たちが受験しているのか?
簿記検定の受験生のプロフィール ここまで、簿記検定そのものに焦点を当ててきましたが、このページでは少し目線を変 […]
簿記2級の難易度、試験はどのくらい難しいのか?
簿記2級の難易度 前のページでは、日商簿記検定の階級別の特徴を、試験科目の違いも交えながら簡単にご紹介しました […]
「日商簿記検定」って、どんな試験?
日商簿記検定にはどんな階級があるの? 簿記検定には、ビッグ3と呼ばれる「全経簿記能力検定」「全商簿記実務検定」 […]
簿記の試験の種類について
どの簿記検定を受験すべきか? 前のページでは、資格には「国家資格」「民間資格」「公的資格」の3種類があること、 […]