そもそも簿記って何?

*

そもそも簿記って何?

簿記とは何か?

ここからの「勉強法」のカテゴリーではいよいよ、簿記検定合格に向けた具体的な学習方法をご紹介していくわけですが、とは言っても簿記の勉強法を知るうえでは、まずは簿記とは何なのかを正しく理解しておく必要があります。
そこでこのページでは「そもそも簿記って何?」というレベルから、皆さんがこれから学習する簿記について解説していきたいと思います。

簿記の役割
皆さんのなかには家計簿をつけている方も多いかと思います。収入(給料)と、食費・家賃・光熱費・交際費などの支出を記録することで毎月の現金の収支をチェックする、あの家計簿も実は立派な「簿記」。そう、皆さんは特別意識はしていないかもしれませんが、日々簿記を実践しているのです。

家計簿はその名のとおり、家計(家のお金の動き)を記録したもの。しかしこれが商店や企業になると、現金だけでなく、商品、売掛金、受取手形などの動きも同時に記録していかなければならず、仕組みは少々複雑になります。それを、誰が行っても同じように記録・整理ができるようにルールづけしたものが、資格としての簿記ということになります。

簿記はなぜ必要なのか?

簿記、すなわち企業の経済活動を記録することの目的も、基本的には家計簿と同じです。
現在、会社はどれくらい儲けて(損して)いて、どれくらいの財産を保有しているのかを、簿記を通じて一目でチェックすることができます。また、家計簿を見て「最近支出が多いので貯金に努めよう」と思うのと同様に、企業も自社の決算書を見て、今後の経営方針を決めていきます。言ってみれば、簿記とは経営の羅針盤でもあるのです。

一方、家計簿の内容は家族だけが把握していれば良いのですが、企業の場合には広く公開していく必要があります。というのも企業には、出資をしてくれている株主や、お金を貸してくれている銀行などがいますので、そうした利害関係者たちに「これだけ儲けているので安心してください」といった具合に、自社の経営状況を報告する義務があるからです。そのためにも経営成績や財政状態を記録すること、すなわち簿記が必要なのです。


>初心者でも受かる簿記勉強法!


そもそも簿記って何?関連ページ

簿記2級のテキストで中古は利用するべきか?
独学が安いと思ってテキストを買って勉強しても、色々とお金がかかって、結局高くつくというのはよくある話です。 中 […]
簿記2級の独学はテキストだけで合格出来るか?
大学で会計学の勉強をした人なら、市販テキストで勉強すれば独学で簿記2級に合格できるでしょう。いくつか躓きそうな […]
簿記2級の勉強時間は、いったいどれくらい必要か?
簿記検定の改定は平成28年6月から行われているので、受験生の勉強時間をよく知る予備校・通信教育社ならどのように […]
簿記の試験で電卓操作は合否を左右するの?
どんな電卓を選ぶべきか? 簿記検定では、電卓の使用が認められています。 電卓の性能が、あるいは電卓操作の習熟の […]
簿記2級はどのように勉強すれば良い?
簿記2級合格のための学習計画 一般的には、簿記2級に合格するために必要な学習時間は約200時間と言われています […]
簿記の勉強法について、おすすめはある?
簿記検定の適切な勉強法は階級によって異なる 簿記特有の用語などについて一通り押さえたところで、ここからはいよい […]
簿記2級の商業簿記と工業簿記の違いとは?
商業簿記って何? 簿記3級までは、試験科目は「商業簿記」1科目のみですが、簿記2級になると、そこに新たに「工業 […]
簿記2級の財務諸表って何?
簿記にまつわる専門用語を見ていこう! 簿記検定の受験生の声をまとめたページで、「簿記の勉強で大変なところは?」 […]