簿記からFPを目指す人のためのFP試験対策

*

簿記からFPを目指す人のためのFP試験対策

FPの仕事

いわゆる「お金」に関する資格には、大きく分けて2種類あります。ひとつは会計分野の資格で、もうひとつは金融分野の資格です。
会計分野の資格は言うまでもなく、皆さんがこれから受験する簿記、そして税理士や公認会計士などが該当します。一方、金融分野の資格は、いろいろあるなかでも代表的なのが、このページでご紹介するファイナンシャル・プランナー(FP)ということになります。

FPを目指す
税理士は税務の専門家、公認会計士は会計全般の専門家であるのに対して、FPの仕事内容はややイメージしづらいかもしれません。
FPというのは、家計の収支、資産の状況、家族の構成、将来の見通しなどを踏まえて、もっとも効率的な資産運用を設計・提案する“お金のホームドクター”のこと。「収支」「資産の状況」といったあたりは、まさに簿記と重なる部分です。

ちなみにFPとして独立・開業することもできますが、お金に関する知識を活かして、金融機関で働く人も大勢います。銀行・証券会社・保険会社への就職や転職を考えている人は、簿記を足掛かりにしてFPへのステップアップを目指すのもおすすめです。

FP試験の概要・特徴

FP試験には、国家資格であるFP技能士になるための試験と、民間資格であるAFP・CFPになるための試験があるのですが、ここでは、FP技能士の方を例にして、話を進めていきたいと思います。

日商簿記検定に4級から1級までの階級があるのと同じように、FP試験にも3級から1級までの階級が設定されています。ただ異なるのは、簿記検定は自信があれば飛び級で受験することができますが、FP試験は原則、3級から順に受験していく形になります。

FP試験は、学科試験と実技試験からなり、学科試験の試験科目は「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の6科目。これは3級から1級まですべて共通です。
一方の実技試験は、階級によって試験科目が異なり、基本的には複数ある試験科目のなかから任意の1科目を選んで受験します。

これまでに紹介した税理士、公認会計士、中小企業診断士と比べると試験の難易度も低いので、「とりあえずダブルライセンスを目指したい」という人にとっては、お手軽な資格と言えるでしょう。


>初心者でも受かる簿記勉強法!


簿記からFPを目指す人のためのFP試験対策関連ページ

簿記から中小企業診断士を目指す人のための中小企業診断士試験対策
中小企業診断士の仕事 中小企業診断士は、これまで見てきた税理士や公認会計士のような会計分野の資格ではなく、経営 […]
簿記から公認会計士を目指す人のための公認会計士試験対策
公認会計士の仕事 簿記検定合格者の次なるステップとしてもっともメジャーなのが税理士だとしたら、公認会計士はさら […]
簿記から税理士を目指す人のための税理士試験対策
税理士の仕事 簿記検定合格者の次なるステップとしてもっともメジャーなのがこの税理士です。なかには、最初から税理 […]
簿記の合格後に取得したい資格とは?
簿記の知識が、他の資格試験に役立つ理由 ここからは「簿記資格の活かし方」のカテゴリーということで、簿記検定合格 […]